vol.1/中村看護師インタビュー(東京リハビリ訪問看護ステーションEast サテライト台東)

Q.当社の訪問看護の特徴を教えて下さい

東京リハはお子さんの看護・リハビリのご依頼も多く、0歳から100歳以上まで幅広く訪問しています。社名の通り、療法士の人数が多い分、私たち看護師の知らなかった疾患に触れる機会も多いです。今は電子カルテでデータを管理して、iPadが貸与されているので、いつでも必要な時に情報を見たり記録したりできるのは現代の働き方にマッチしてるなと感じています。
それこそ今は新型コロナで移動に気をつかう時期ですが、どこからでも利用者様の情報が確認できるので情報の連携もスムーズに取れています。

Q.訪問看護自体の魅力はなんでしょう?

わたしは以前、病院や有料老人ホームなどで勤務していましたが、病院と大きく違うことは一人の利用者さんに深く関われるところだと思います。疾患だけでなく生活全部を見るので、その人の生きてきた過程なんかも感じる事ができるんです。
治療はもちろんですがその方にあった治療方針をチームで考えて、ご本人とも考えながら進めていく、ということは病院ではできないことなので、難しさと同時にやりがいと楽しさを感じています。
また、訪問だとご家族に寄り添いながら同時にケアもできるので、人と人との関係も深まっていく中で頼りにされてるんだなと実感できますね。

Q.訪問看護で大変なところは?

う〜ん…天気。(笑)わたしは自転車での訪問なので雨や、真夏のすごく暑いときは大変です。
あとは、病院だと治療だからっておとなしく治療を受けてくれてた人も、家ではけっこうワガママをおっしゃる方も居るんですよね(笑)たまにですけどね。自分が新人の頃だったら、「嫌だなこの人」で終わってたと思うんですけど、今は、どうしてそうなるのかを考えられるようになりましたね。なんだかんだ、言いながら信頼されてるんだなっていうことも感じます。
大変なことも絶対自分の経験になるのでポジティブにとらえられるようになったと思います。(笑)

Q.新型コロナウイルスの影響はどう感じていますか

利用者様に近い方が濃厚接触者となった時、万が一のことがあってはならないので防護服をして入るのですが真夏には暑くて暑くて…。今では普通に医療物品が使えますが、その時は全国的にマスクやグローブが無いと言われてた時期だったのでそういった物品の確保にも苦労していました。本社で一括で手配してくれたのはとても助かりました。

Q.一日の流れを簡単に教えてください

9時に勤務開始でオンラインでの全体朝礼があって、それから訪問というのがほとんどです。
午前は大体2件、午後2件くらいのペースで訪問を行ってます。その合間の時間で記録を記入したり、連携の確認であったり、電話やFAXを流したりしてすべて終わるのが18時というのが1日の流れで、基本はそれの繰り返しですね。
ただ曜日によっては看護部の会議を行って現状の問題点を共有しあったり、ケースの引継ぎを決めたりしています。

Q.訪問未経験の看護師さんへ一言お願いします!

看護師って、「看護師になろう」と思った時はすごく患者さんのことを考えて、深く関わりたいと思っていた人が多いと思うんですよね。なので病院の治療で関わりを持つのもすごく大事なんですが、そういった基礎が出来上がったら、やはり訪問看護のほうがより利用者さんと深く関われると思います。

利用者さんの生活全般を見て総合的にアドバイスしたり、病院では難しい個別看護も在宅だと深く関わりをもって行えるし、その人らしく自分の家で過ごすことが出来るので、関わっていくと楽しいですし、やり始めると気づいたら1年、5年なんてあっという間ですね(笑)もうこんなにこの利用者さんと関わってたんだ、みたいなことはよくありますね。
人と深く関わって仕事をしたい方はぜひ!お待ちしています!