訪問看護 認定看護師 大田 義信 Ns

Q. 入社のきっかけを教えてください

大学病院で勤務していた時に、友人から訪問看護を立ち上げるので興味はないか?と誘われたのがきっかけです。

それまでは“在宅”という選択肢は頭の片隅にはあったのですが、詳しいことは分からないまま会社説明会を受けました。訪問看護という当時では新しい分野だったので興味もありましたし、管理者としてやってみないか?と打診があり、そこにも興味があったので未経験ながら飛び込んでみました。

Q 入社後に、認定看護師を目指したきっかけは何ですか?

看護師としてもっとレベルの高い所に行きたいなと思い目指しました。

言葉で根拠に基づいて具現化して看護を皆に伝えていきたいなと思ったのがきっかけです。

最初は大学院の在宅分野に進もうと思っていたのですが、私の恩師である聖路加国際大学の先生に、大学院もいいが認定看護師を目指してみたらどうかと助言を頂き、在宅の認定看護師を選びました。

訪問看護の認定看護師は知り合いが持っていたので存在は知ってはいましたが、最初はそれを取ろうとは思っていなくて、恩師から話を聞いた時に訪問看護の認定看護師を取ってもいいかなと思ったくらいなので、最初から目指していたという事ではなかったです。

Q. 仕事と認定取得の為の勉強の両立は大変だったのでは?

私は認定看護師の養成校に一年弱通ったのですが、学校は週末の土日だけなので、あまり仕事には影響がなかったですね。

休みの日に学校に通っていたのですが授業がすごく面白かったんです。一からまた学びなおす事が新鮮でしたし、内容がとても実践的な事が入ってきてレベルがとても高いことをまた学べているという事ですごく楽しかったです。

それと、通っている人は管理者の方が多く、全国各地から来ていたので色々な経験をされている方が多く、話を聞いていてもとても楽しく、友人も増えました。

そういったこともあって両立は全く苦じゃなかったです。趣味でテニスをしているのですがほぼ変わらずやっていましたね(笑)

Q. 認定看護師として社内・社外で行っている活動を教えてください

認定看護師は訪問の現場において質の高い看護の実践になるので、訪問未経験の新入職者に同行して実際の訪問看護を伝えレベルアップを促すことが役割の一つかなと考えています。

それと実践だけではなく研修の場でも皆が知りたいようなことを挙げて講習を行っています。最近ではコロナについて、自分が感染対策委員長としてコロナウイルスの病態やその感染予防についての研修を社内で行いました。

また、認定看護師には実践能力、コンサルテーション、相談の能力が求められますが、私自身はコンサルテーションを得意としていて悩んでいる方、不安を抱えている方に対してアドバイスをしていくのも社内での私の役割の一つだと感じています。

特に管理者層への指導やコンサルテーションが多いですね。管理者を育て、またその方が下のスタッフを育てていくという流れですね。

社外での活動は、認定看護師の協会や学術会に積極的に参加していきたいと思っています。聖路加国際大学の会員にも選ばれているので活動もしていきたいのですが、ちょうどコロナの感染が広まっているので中々動けない状況です。コロナが落ち着き次第そういった活動に積極的に参加したいですね。

Q. 今後の展望などはありますか?

まだまだ地域に出てくる看護師が少ないので、病院や施設にいる看護師に少しでも“訪問看護”というものを知ってもらって、地域に出て貢献してもらえる看護師を増やしていきたいなと思っています。

研修や座談会などを企画したり、小児分野では医療機関、訪問看護、療育園などを含めて連絡会や勉強会を作ったりしながら訪問看護を知ってもらい、在宅にも目を向けてもらえる様にしていければなと考えています。

Q. これから認定看護師を目指す方へ一言お願いします

私は“在宅”をやるならぜひ訪問看護をやって頂きたいなと思っています。また、いろんな分野の認定看護があるのでご自身の興味がある認定を取ったほうが看護師としてもっと成長出来ると思います。

知識や技術だけでなく、コミュニケーションや倫理、社会情勢まで幅広く学べるので、認定の教育課程を取っていた方が広い視野や知見を持つことが出来るので、看護師をやっていくうえで大きな経験、武器になっていくと思います。