「第19回 勇気ある経営大賞」大賞受賞!!

私たちのグループ会社である株式会社三輪書店が東京商工会議所主催の「第19回勇気ある経営大賞」大賞を受賞しました。

これは厳しい経営環境の中で果敢に挑戦する中小企業を顕彰するもので、出版社である三輪書店が医療介護の世界に飛び込み成果を上げていることが認められたものです。

特に「0歳から亡くなるまで」ご利用者様に寄り添うことを目的として、これまでサービスの少なかった在宅小児へのリハサービスを創出したことは注目を集めました。小児の在宅リハサービスが数少ない日本において1,000名以上のお子様へのサービス提供は驚異的であると非常に高く評価されました。

今回の大賞受賞は三輪書店一社にとどまらずグループ全体の取り組みに陽が当たったのだと心より感謝しています。これに驕ることなく三輪書店グループ一丸となって努力を重ねて参ります。今後とも変わらぬお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。

◆大賞

医学出版業から、障害をかかえる児童の訪問看護・リハビリ業へ進出。
後発のハンデを乗り越え新たなビジネスモデルを構築

株式会社三輪書店(東京都文京区/情報通信業)


「勇気ある経営大賞」は、東京商工会議所が、過去に拘泥することなく高い障壁に挑戦し、理想の追求を行うなど、“勇気ある挑戦”をしている中小企業またはグループを顕彰するというものになります。

東京商工会議所ニュースリリース

・第19回「勇気ある経営大賞」受賞企業の決定について
・勇気ある経営大賞とは
・勇気ある経営大賞 受賞企業の決定