インフルエンザ予防

みなさま、こんにちは。
サテライト千代田の工藤です。

寒いと感じる季節になってきましたが、体調はいかがでしょうか?
ニュースでインフルエンザが全国的な流行時期に入ったと耳にしました。
流行期に入るのは例年よりも数週間から1ヶ月ほど早いそうです。
訪問で外に出ていると、マスク着用されている方が多くなりました。
マスクも色んなタイプのものが出ており、みなさま用途に応じて選ばれているようです。
早い方はすでに予防されていると思いますが、インフルエンザを予防する生活習慣について紹介したいと思います。

インフルエンザを予防する生活習慣
1手洗い:指や爪の間、手首までしっかり洗う
2うがい:喉の奥まで(3回以上行う)
3マスク:人混みに出る時、咳が出る時、保湿効果
4食事:栄養バランスの取れた食事を一日三食を規則正しく
5環境:湿度50〜70%程度、室温20〜25℃程度
6睡眠:充分な睡眠で疲れはその日のうちにとる
7服装:脱ぎ着しやすい服装で体温調節する
8運動:適度な運動で体力作り
9ストレス対策:オン・オフの切り替え

先日、東京リハビリテーションサービス本社において、職員のインフルエンザ予防接種が行われました。

業務後ということもあり、普段とは違うソワソワした雰囲気でした。
注射を打つとなると、妙なテンションになります。
接種後は、恐怖心がなくなり解放された気分になりました。

予防接種というお守りと生活習慣での予防で今年の冬を元気に過ごし、ご利用者様のもとへお伺いいたします!