新入職のご挨拶

みなさま、はじめまして。
4月に入職しました、作業療法士の工藤と申します。
作業療法士になって20年ほど経ちます。

出身は新潟で、新潟の病院で6年、その後は東京で回復期病院、介護老人保健施設に勤めておりました。
(新潟というと、米、酒、雪国のイメージでしょうか?)
また、日本海でとれた新鮮な魚介類も美味しく、回転寿司でもハズレはほとんどありません。
実家に帰省した時は必ず豪華なお刺身を食べさせてもらいます。

そして必ず米菓をお土産に買って帰ります。私のオススメは亀田製菓の“サラダホープ”です。

これは新潟限定品です。食べだすと止まりません‼︎ちなみに「サラダ」は野菜のサラダではありません。塩にサラダ油を混ぜた味付けの意味です。新潟に行かれることがありましたら、ぜひご賞味くださいませ。

作業療法士として長く病院や施設で患者様や利用者様と関わってきましたが、その後の在宅での生活が気になっておりました。在宅や地域に関わる訪問リハビリを経験し、利用者様が自宅で過ごしやすく、利用者様らしい生活が送れるようお手伝いができれば‥と思い、入職いたしました。

訪問リハビリは初めてですので、久しぶりに“初めて”の体験が多く、毎日が刺激的です。
また、サテライト千代田の地域は土地勘が全くなく、迷いながら利用者様宅へ向かっております。約束の時間に利用者様宅へ到着する事が私の中で大きなミッションとなっています。
その他、不安な事も沢山ありますが、スタッフの皆様に相談させていただきながら、しっかり仕事をこなし、早く地域のみなさまのお役に立つことが出来るよう努めたいと思っております。
至らない点が多々あると思いますが、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。