身体を育てる おすすめの運動遊び ③

皆さんこんにちは!  子どもplus 三鷹教室 理学療法士の山田です。

今回は「バランス能力を養う」運動遊びを紹介致します!

まずは「まっすぐ歩こう♪」ということで、フローリングの板目や畳のヘリに沿ってまっすぐ歩くようにしてみましょう!(マスキングテープなどでラインを作っても◎)
子供たちは足元を見て視線が下がってしまいがちですが、上手にバランスを取るためには視線をあげ前を見て歩くことがコツになります。
徐々に慣れてきたら手を上にあげてみたり歩幅を小さくしてみたり、後ろ向きで歩いてみたりして難易度を上げていきましょう!

また、なわとびやバスタオルなどを丸めた上を歩いてみるのもオススメです!
特になわとびでは足の裏の感覚意識させることができ、親指と人差し指で縄挟み込むようにする事で指先で踏ん張る力を身に付けることができます。

バランス能力は「まっすぐ立つ、歩く」「身体を元の位置に戻す」「不安定な場所でも転ばないようにする」など無意識に起こる反応に欠かせないものとなっております。このバランス能力が低下してしまうと転びやすくなってしまったり、ケガをしやすくなったりしてしまいます。

また、「走る」「跳ぶ」「投げる」といったダイナミックな運動にもバランス能力は関係しておりバランス能力の発達はそれら運動能力の向上にも繋がってくるのです。

外で思い切り遊ぶ機会が減ってしまっている今だからこそ、今回ご紹介した運動遊びを通してぜひご家庭でバランス能力を養ってみてはいかがでしょうか(^ ^)

子どもplus教室 理学療法士  山田彩

 

関連記事

  1. お箸を使って食べること

  2. 身体を育てる おすすめ運動あそび

  3. おうちでできる 運動あそび

  4. 身体を育てる おすすめの運動あそび④

  5. 「一生に一度のゴールデンエイジ」~外出自粛が子どもの運動発達…

  6. からだplusプレイベント