東京リハビリ訪問看護ステーション練馬 求人情報(2021年2月1日現在)

現在、東京リハビリ訪問看護ステーション練馬では以下の職種を募集しております。

■理学療法士・作業療法士※現在小児リハの経験者のみ募集

■言語聴覚士

【東京リハビリ訪問看護ステーション練馬について】
2020年10月に高野台に事務所を新築・移転し、【アクティビティ型デイサービス りぶうぇる練馬高野台】と【居宅介護支援事業所 ケアプランセンター練馬】を併設した複合型施設となっています。
今回は訪問看護ステーションにて勤務していただける理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の募集の案内になります。

2021年2月現在、20名以上の看護師・療法士が所属しています。
リハビリ職の内訳はPT13名、OT5名、ST2名です。(非常勤含む)
在宅での看護・リハビリの依頼増加に伴い今年度は既にリハ職3名の入職がありました。
今年度は退職するスタッフもいませんが、ご利用者様の増加に伴い少しずつ依頼をお受けできなくなっている現状にあります。

私たちは日々、練馬地域のご利用者様の訪問看護・訪問リハビリ業務を行っており、現在約350名のご利用されています。その内、約100名はお子さんのご依頼となっていることも当ステーションの特徴です。


(図1:東京リハビリ訪問看護ステーション練馬のご利用者様の内訳)

お子様のご依頼についてはリハビリのご依頼が特に多く、理学療法士・作業療法士に関しては特に小児リハ経験のある方を積極的募集しています。言語聴覚士の募集については小児のリハビリに限らず人員が不足しているため小児リハの経験を問わず募集しています。

当ステーションは携帯電話やタブレット端末を貸与し、訪問業務の開いた時間や訪問後に事務所やご自宅から記録等の作業を行っていただくことが可能です。また、社内の会議や研修に関してもオンラインで参加できる環境が整っています。

研修制度も充実しており、入職後の新入職研修をはじめ「成人基礎研修」や「小児ベースアップ研修」を設け各個人の経験に合わせて受講してスキルアップにつなげることが可能です。また、SV(スーパーバイズ)制度も設けており、訪問の経験がない方でも経験の多いスタッフに同行やフィードバックを依頼することで、安心して業務についていただくことができます。

事業所長・ステーション管理者ともに、「スタッフが働きやすい事業所」を意識して職場内の環境や体制づくりも進めています。
練馬の地域で訪問リハビリに興味をお持ちの療法士の方からのご連絡をお待ちしております。

オンライン相談会や事業所見学も希望に応じて随時対応致しますので、お気軽に応募フォームよりご連絡ください。

東京リハビリ訪問看護ステーション練馬 所長/理学療法士 安達亮介

関連記事

  1. 東京リハビリ訪問看護ステーション練馬の求人情報